社協ロゴ
 
ホームへ戻る
登録について
保険について
ボランティア連絡会
ボランティア募集情報
ボランティアカレンダー
社協トップページへ
 

 

ボランティア活動保険について

ボランティア活動中には、事故やケガをする場合があります。
万一、ボランティア活動中に事故を起こしてお金を支払わなくてはならない場合や、ケガをして入院・通院をしたときに対応できます。

ボランティア活動保険の加入について
 
●加入できる方
  ボランティア個人または、ボランティアグループ、特定非営利法人(NPO法人)、またはその所属の無償ボランティア
※社会福祉協議会に登録、または委嘱されていることが必要です。
●補償の対象
  ボランティア個人、ボランティアの監督義務者、NPO法人(賠償事故のみ)
●対象となるボランティア活動
  日本国内における「自発的な意思にもとづき、他人や社会に貢献する無償のボランティア活動」
●補償期間
  毎年、4月1日午前0時から翌年3月31日午後12時までです。
4月1日以降の加入については、加入申込みの手続きの完了した日の翌日午前0時から当該当年度3月31日午後12時までとなります。
●加入申込み手続き
  最寄の社会福祉協議会の担当窓口にお申込みください。
●補償の対象となる事故
  傷害保険
ボランティアがボランティア活動中の急激・偶然・外来の事故により、ケガをした場合に保険金をお支払いいたします。
賠償事故 ボランティアがボランティア活動中の偶然な事故により、他人にケガをさせたり、他人の物を壊したことにより法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金をお支払いいたします。

補償内容





保険金の種類
保険金の内容
加入プラン・補償金額
Aプラン
Bプラン
死亡保険金
ボランティア活動中の偶然な事故によってケガをされ、そのケガのため事故発生日からその日を含めて180日以内に亡くなられた場合、死亡保険金額の全額をお支払いします。
1,200万円
1,800万円
後遺障害
保険金
ボランティア活動中の偶然な事故によってケガをされ、そのケガのため事故発生日からその日を含めて180日以内に身体の一部を失われたり、その機能に重大な障害を永久に残された場合、後遺障害等級に応じて100%〜4%をお支払いします。
1,200万円
(限度額)
1,800万円
(限度額)
入院保険金
ボランティア活動中の偶然な事故によってケガをされ、そのケガのため入院された場合、事故発生日からその日を含めて180日以内の入院に対し、180日を限度として、入院日数1日につき入院保険金日額をお支払いします。
6,500円
10,000円
手術保険金
ボランティア活動中の偶然な事故によってケガをされ、事故発生日からその日を含めて180日以内にそのケガの治療のために病院または診療所において、(1)のいずれかの手術を受けられた場合、(2)によって算出した額を手術保険金としてお支払いします。ただし、1事故につき1回の手術に限ります。
(1)対象となる手術
  公的医療保険制度における医科診療報酬点  数表に、手術料の算定対象として列挙されて   いる手術(一部の軽微な手術を除きます。)
  など。
(2)お支払いする手術保険金の額
   @入院中に受けられた手術の場合
    手術保険金の額=
              入院保険金日額×10(倍)
   A外来で受けられた手術の場合
    手術保険金の額=
              入院保険金日額×5(倍)
   入院中の手術
65,000円 100,000円
    外来の手術
32,500円 50,000円
通院保険金
ボランティア活動中の偶然な事故によってケガをされ通院(往診を含みます。)し、医師の治療を受けられた場合、事故発生日からその日を含めて180日以内の通院に対し、90日を限度として、通院日数1日につき通院保険金日額をお支払します。ただし、入院保険金をお支払いするべき期間中の通院に対しては、通院保険金をお支払いしません。
また、実際に通院されない場合であっても、骨折、脱臼、靱帯損傷などのケガをされた部位(脊柱、肋骨、胸骨、長管骨など)を固定するために医師の指示によりギプスなどを常時装着したときはその日数について通院したものとみなします。
【ご注意@】次のような通院は、通院保険金のお支払いの対象となりません。
薬剤、診断書、医療器具の受領などを目的とした医師による治療を伴わない通院
【ご注意A】通院保険金をお支払いする通院期間中に新たに他のケガをされた場合であっても、重複しては通院保険金をお支払いしません。
4,000円
6,000円
特定感染症の補償について 「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に規定する「一類感染症」、「二類感染症」および「三類感染症」を発症された場合にも、後遺障害保険金、入院保険金、通院保険金をお支払いします。ただし、後遺障害は発症された日からその日を含めて180日以内に生じた後遺障害が、入院は発症された日からその日を含めて180日以内の入院がお支払いの対象となります。通院は発症された日からその日を含めて180日以内の通院がお支払いの対象となり、通院日数90日が限度となります。また、発症された日からその日を含めて180日以内に亡くなられたときは、300万円を限度として葬祭費用の定額を葬祭費用保険金としてお支払いします。



賠償責任
保険金
ボランティア活動中の偶然な事故により他人にケガをさせたり、他人の物をこわしたり、人格権を侵害してしまったことにより法律上の損害賠償責任を負担された場合、1事故につき賠償責任保険金額を限度として損害賠償金をお支払いします。また、日本興亜損保の同意を得て支出された訴訟費用、弁護士報酬または仲裁、和解もしくは調停に要した費用などもお支払いします。
5億円
(限度額)
5億円
(限度額)

掛金(年間)
基本タイプ
A 300円
B 450円
天災タイプ
天災A 460円
天災B 690円

 

上へ戻る

 

<ご意見・ご質問・お問い合わせ>

社会福祉法人 富士宮市社会福祉協議会
〒418-0005 富士宮市宮原7番地の1(総合福祉会館内)
(TEL)0544-22-0054 (FAX)0544-22-0753


Copyright (C) 2004 富士宮市社会福祉協議会. All Rights Reserved.
ボランティア行事用保険