富士宮市社協ロゴ
 


社会福祉協議会とは

社会福祉協議会とは

 「社会福祉協議会」は、地域のさまざまな生活上の問題をみんなで考え、話し合い、協力して解決を図り、『だれもが安心して暮らせる、ひとにやさしい福祉のまちづくりをめざす』民間の団体です。福祉関係のみなさんには、略して「社協」と呼ばれています。
社協キャラクター

社会福祉協議会の歴史

昭和24年11月 占領軍(GHQ)が社会福祉活動に関する協議会の創設を指示。
昭和25年 9月 日本社会事業協会、同胞援護会、全日本民生委員連盟が、社会福祉協議会設立にあたることを表明。
昭和26年 1月 中央社会福祉協議会(現在の全国社会福祉協議会)が設立。※このときまでに、1都14県社協がすでに設立されており,昭和26年10月末までに都市で8割、町村で6割強の社会福祉協議会が設立。
昭和26年10月 富士宮市社会福祉協議会が設立。
昭和37年4月 全社協「社会福祉協議会基本要項」を策定。
昭和41年 1月 市町村社協福祉活動専門員設置。
昭和58年 社会福祉事業法の第74条に市町村社会福祉協議会が規定される。
平成4年 社会福祉事業法の第74条に「社会福祉に関する活動への住民参加のための援助」が都道府県・指定都市・市区町村社会福祉協議会の事業として加えられる。
平成12年 社会福祉法が設立し、社会福祉協議会は、地域福祉の推進における中心的な役割をもつ組織として位置づけられる。

社会福祉協議会のシンボルマーク

社協シンボルマーク

社会福祉および社協の『社』を図案化し、手をとりあって、
明るいしあわせな社会を建設する姿を表現しています。
◆昭和47年6月制定/全社協)◆

 

   
 Copyright (C) 2004 富士宮市社会福祉協議会. All Rights Reserved.
富士宮市社協について 財政状況